ストーカー被害で恐怖を感じる毎日から開放されたい

2016.8.8

誰かに見られているような気がする、そんな気味の悪い感覚を感じ始めてからしばらくした頃、一人暮らしの部屋に帰って電気をつけてしばらくすると無言電話がかかってくるようになりました。たまにそんなことがあるだけでも気持ちが悪いのに、だんだん頻繁になり、やがて電話口で「おかえり」という男の人の声が聞こえてぞっとして電話を切る毎日が続きました。

あまりの不気味さに家の電話は解約してスマホだけの生活にしたところ、今度はポストにおかしな手紙が入るようになったんです。今日の服装はかわいいとか、夕べは遅かったけどどこに行っていたのかとか、あきらかにどこかから私の行動を見ている事を強調している内容で、気味が悪くて怖くて外出するのが恐怖になりました。

ストーカー被害の窓口に相談してみようとも思ったのですが、姿の見えない相手がどこから見ているのかわからない、しかも何の証拠もないのですから、私の思い過ごしではないかと思われてしまうのではないかと、結局相談も出来ずに居ました。それでも会社をむやみに休むわけにもいかないし、会社の同僚に相談しても自意識過剰だと思われたら後がたいへんだし、一体どうすればいいのかわからず本当に苦しい日々が続きました。

でも、このまま得体の知れない視線におびえ続ける生活は堪えられないと思い、引っ越すことも考えたのですが、引っ越すためにはお金もかかります。そんな私を見た友人が法律の専門家に相談してみたらどうかとアドバイスをくれて、今度弁護士による法律相談に行ってみることにしました。

PickUp記事

一覧へ戻る