隣家の植木が台風で倒れてフェンスを破壊した

2016.9.1

隣家の植木が台風で倒れてフェンスを破壊した

お隣の家は今では奥様に先立たれた高齢の男性が一人で住んでいます。時々顔を合わせれば挨拶をする間柄なのですが、高齢で庭木の剪定がほとんどできない状態になっており、かなり枝が我が家にも侵入してきて困っていました。家に侵入している部分だけでも切らせて欲しいとお願いしたところ、近いうちに剪定するからと言うことだったので、勝手に手を出すわけにも行かず我慢して待っていました。

ところがその数日後に台風が直撃したことで、その大きな隣家の木が倒れ、我が家のフェンスを直撃して一部を破壊してしまったんです。ご近所でトラブルになると後がたいへんだと思い、あまりむやみなことはいえないとは思ったのですが、正直言って最初に申し出た時にきちんと剪定していればこんなことにはならなかったはずです。

でも、とりあえず台風で被害があってたいへんでしたとご挨拶がてら、さりげなく木が倒れてフェンスが壊れてしまったことを告げ、修理をしたいことを告げたところ、天災によるものなのだから自分には非はないとまくし立てられ、勿論修理代を負担する義務もないとぴしゃりと言われてしまい困っています。

法律的にお隣の主張が本当に通るものなのかは、素人の私にはわかりません。でも、なんとも釈然としない気持ちのまま、未だにフェンスを直すことも出来ずに居ます。ことを荒立てたくはないのですが、このままにすることも出来ないので、一度市が行っている弁護士による法律相談で相談してみたいと思っています。

PickUp記事

一覧へ戻る