薪ストーブの煙がもたらすトラブル

2016.8.1

最近はアウトドアブームなのか、ご近所でもログハウス風の家が増え、薪ストーブを使用しているらしい煙突のある住宅を見かけるようになりました。見た目にもとてもおしゃれで、家の脇に薪が詰まれた住宅はなんだかとても素敵に見えて羨ましいと感じていました。

ところが、この薪ストーブがその後さまざまなトラブルに発展するとは、このときはまだ全く想像できませんでした。別荘地ならともかく隣と近接している住宅地で薪ストーブを使用したことで、ご近所からの煙の問題が発生してきたんです。洗濯物や干した布団が煙の匂いやすすで汚れたといった苦情が相次ぎ、地区の役員をしている我が家に何とかしてほしいという要望が次々と持ちかけられるようになりました。

でも、薪ストーブを使うことが法律上どんな制約や問題があるのかといったことは素人の私にはわからないし、いきなり苦情を言っても相手に受け入れてもらえるとも思えません。住んでいればいろいろと不平や不満を感じることはあるものだと思うのですが、せっかく縁があってご近所に住んでいるもの同士ですから、あまり話をこじらせるのは良くないと思い、まずは法律問題を専門に取り扱う弁護士に相談してみてはどうかということになりました。地域の問題は基本的にはみんなで話し合って解決すべきだと思うのですが、まずは専門家の意見も聞いてみることにしようと思います。

PickUp記事

一覧へ戻る